トップページ  ≫  職種・学科のご紹介  >  作業療法士(作業療法学科)

作業療法士を目指す方へ

作業療法士イメージ

 こどもからお年寄りまで、日常生活動作から仕事や趣味まで、人の生活に必要な作業活動の回復を考えて、適切な治療・援助を行う専門職、それが「作業療法士」です。

 作業療法士は、身体機能の治療、回復した機能に応じた生活動作(食事、更衣、家事、仕事など)の獲得、さらに思考や判断などの考える力、意欲やストレスへの対処などの心の側面にも治療・援助を行います。身体機能に加えて、作業活動の理解や取り組む姿勢、周囲との対人関係なども医学的な評価・分析を行い、人の身体・心・頭脳の専門的リハビリを進めて、総合的な行動・生活機能の回復を目指します。

作業療法学科のご紹介

作業療法士イメージ

 作業療法学科では、解剖学・生理学・心理学に加え、作業療法の評価学・治療学など専門的な知識・技術を学び、人の機能・行動・生活を理解して、心身の機能回復から生きていく力の回復まで、病院から地域・在宅まで、幅広く社会で活躍できる作業療法士を育てていきます。

カリキュラムの一例

基礎分野

心理学/倫理学、社会福祉学、統計学、情報処理、物理学、文章構成、医学英語

専門基礎分野

解剖学I/解剖学II、機能解剖学、機能解剖学演習、生理学I/生理学II、運動生理学、運動学I/運動学II、人間発達学、医学概論、病理学概論、診断治療学、整形外科学、内科学/神経内科学、臨床心理学、精神医学、リハビリテーション概論、保健医療福祉制度論

専門分野

作業療法学概論、対人関係演習、生活機能演習、基礎作業学I、基礎作業学II、基礎作業学III、評価学概論、評価学演習I、評価学演習II、評価学演習III、日常生活活動学、日常生活活動学演習I、日常生活活動学演習II、義肢学/装具学、中枢神経系障害の作業療法学I、中枢神経系障害の作業療法学II、骨関節障害の作業療法学、小児疾患の作業療法学、精神障害の作業療法学I、精神障害の作業療法学II、高次脳機能障害の作業療法学、作業療法学技術演習I、作業療法学技術演習II、作業療法学統合学習、生活環境学、地域作業療法学演習

実習

臨床実習

作業療法学科のある専門学校

学校名

コース名

福岡和白リハビリテーション学院

作業療法学科

小倉リハビリテーション学院

作業療法学科

八千代リハビリテーション学院

作業療法学科